これ、わたしが作っているの!担当 デザートの製造(トッピング)
Aさん 主婦 60代 在籍5年

デザートの盛りつけ

 [はたらくきっかけ]

実は、ずっと以前から工場の送迎バスを見かけて、少し気になって、電話番号をメモしておいたんです。コンビニに並ぶ商品を作る食品工場なんだなあ、と覚えていました。娘の里帰り出産がきっかけで長年続けた事務のパートを辞めて、しばらく経つ頃、家族から「少し体を動かすためにも働いたほうがいいよ」と薦められ、「じゃあ、これを機会に」と、メモしてあった電話番号に電話をかけてみました。食品の仕事は初めてだったので、不安もありましたが、仕事を再開するにあたって「新しいことをやってみたい!」と思ってましたので、ちょうど良かったんですね。作る商品もコンビニに並んでいる食品だと分かっていたので、自分がどんな仕事をするのか想像がついて大丈夫そう、という安心感がありました。

 [パートの経験]

事務のパートの前は、セブン-イレブン店舗で働いていたこともありました。当時は、子供が小さくて、「午前中だけ働ける仕事」を探していまして、家の近所のセブン-イレブンがぴったりだったんです。そういえばその頃から、「コンビニのお惣菜やお弁当が、どうやって作られるのかな?」と関心がありましたね。その後、子供が大きくなって、もっと長時間働けるようになり、職場を変えました。今は、とても良い仕事を見つけられたと思います。

 [職場の雰囲気]

最初の1ヶ月は、体も慣れなくて、正直、辛かったです。でもみなさん本当に親切で、わからないことがあっても、とても丁寧に教えてくださったので、「がんばって続けよう!」と思えました。実は、いちど教えていただいたことを忘れてしまって、同じことを質問してしまうこともあったのですが、そんな時も「この前、教えたでしょ!」なんて叱られることもなく、にこやかに教えて貰えました。今思うと、そのとき叱られていたら、多分、続けられなかったかも知れませんね。私が受けた親切を、今は新人さんにお返しすることで、恩返しができたらな、と思ってます。

 [仕事の内容]

デザートのトッピングと言いまして、流れてくる容器に、カットフルーツなどの素材を入れていく作業です。自分のせいでラインを止めたら皆さんに迷惑がかかってしまいますから、手際よく、でも綺麗に盛り付けられるように、一所懸命やってます。フルーツは結構、手が滑りますから、色々とコツがあるんですよ。ちょっとした指の使い方とか、力の入れ方で、効率が変わるので、そういう工夫を凝らすのも楽しみですね。
あとは、季節やキャンペーンによってコンビニで売り出すデザートに違いが出るんですよね。トッピングをしながら、今はこのフルーツが旬なのね!なんて、分かるのが面白いです。

 [普段の生活で]

自分で作ったデザートを、家の近所のセブン-イレブンで買って食べることも結構、あります。美味しいんですよね(笑)。自分が作った商品は、つい気になって用事もないのにセブン-イレブンへ見に行くこともあります。街でコンビニを探すようになってしまいました。
友人が家に来るときに、買って用意しておいて、「これ、私が作ってるの!」と自慢することもあります。皆さん、驚きますね。コンビニで見かけたから買ったよ!と報告をくれるお友達もいます。実はそれがきっかけで、「私も働いてみようかしら」なんて仰って、そのまま工場に紹介したら、パートで働きはじめた方もいらっしゃるんですよ。